カテゴリ:Bicycle( 1369 )


2008年 05月 23日

チャレンジASO 2008 やまなみハイウェイ~下り

「瀬の本高原」 から 「やまなみハイウェイ」 に入りました。
e0079696_012938.jpg
下り基調のスピードが出る道です。 チーム員でまとまって集団走行を繰り返しながら進みます。



そして、阿蘇国造神社までの下りに入りました。
e0079696_014342.jpg
たま~~~に来る車に気を付けてね!



道はなかなか走りやすいけど、この後一部コンクリートの下りがあります。
e0079696_015853.jpg
ソコだけはガタガタで走り難いのがチョッと難点だね。



今回は 「中通古墳群」 の横を通ります。
e0079696_021763.jpg
この辺りってケッコー古墳があるんだよ。



田んぼの真ん中の農道を進みます。
e0079696_023345.jpg
阿蘇五岳の寝観音に向かって走れ! もうスグ阿蘇神社ゴールだ~~~!!!

写真は OLYMPUS μ1030SW で撮影。

つづく。 次は阿蘇神社ゴール!

↓「チャレンジASO 2008 やまなみハイウェイ~下り!」と思ったら、クリック!


by purple-monkey | 2008-05-23 00:27 | Bicycle | Comments(0)
2008年 05月 22日

チャレンジASO 2008 補給地点~瀬の本高原

大観望から下り切ったら、
e0079696_9522927.jpg
補給地点です。



ウチのチーム員も何人か追い付いて来ました。
e0079696_9524344.jpg
水だ! 食い物だ! 補給を下さ~~~い!



ココから瀬の本高原に向かいます。
e0079696_9525551.jpg
ワリと平坦に見えるけど、 …以外と登ってます。



こんなときこそ、焦らず軽いギアをクルクル回してジックリ行きましょう。
e0079696_9531255.jpg
坂の多いこのコースだけど、なかなか足並み揃って走って来ることができました。



景色は最高! ウシさん、コンニチハ。
e0079696_9532412.jpg
瀬の本高原の三愛レストハウスはもうスグです。

写真は OLYMPUS μ1030SW で撮影。

つづく。 次はミルクロードの下り!

↓「チャレンジASO 2008 補給地点~瀬の本高原!」と思ったら、クリック!


by purple-monkey | 2008-05-22 09:53 | Bicycle | Comments(0)
2008年 05月 21日

チャレンジASO 2008 ミルクロード~アップダウン

ミルクロードの本格的な登りに突入です。
e0079696_1032613.jpg
なかなかキツイんだな~~~!!!



電波塔に到着。
e0079696_1033952.jpg
電波塔まで来たら登りもようやく終わり。



アップダウンに入ったら、先頭交代をやりながら進みます。
e0079696_1035458.jpg
集団パワーでスピードアップ! …と言っても、残ったのは4人だけ。



ロケーション最高!
e0079696_104666.jpg
爽やかな高原を走るのはキモチイイ!!!!!



「大観望」 の分岐点にあるチェックポイントに到着。
e0079696_1042228.jpg
ココって新しい道を作ってるんだけど、サッサと開通して通しゃイイのに。

写真は OLYMPUS μ1030SW で撮影。

つづく。 ~次は下って補給地点。

↓「チャレンジASO 2008 ミルクロード~アップダウン!」と思ったら、クリック!


by purple-monkey | 2008-05-21 10:06 | Bicycle | Comments(0)
2008年 05月 20日

チャレンジASO 2008 平坦~二重の峠

最初、平坦を先頭交代しながら進みます。
e0079696_2037399.jpg
右側に見えるのは 「大観望」



一般道を使ったサイクリング大会なので当然信号があります。
e0079696_20375647.jpg
当り前だけど、交通ルールはキッチリ守りましょう!



先行のチーム員も吸収して10人で進みます。
e0079696_20382536.jpg
もうスグ、坂に突入しますよ~!



坂に突入です!
e0079696_20384160.jpg
阿蘇の景色を眺めながらジックリ行きましょう。



「二重の峠」 に到着!
e0079696_20385619.jpg
さあ、今度はココから先がもっとキツイ、ミルクロードを電波塔まで登るぞ~~~!!!

写真は OLYMPUS μ1030SW で撮影。

つづく。 まだまだ登るぞ!

↓「チャレンジASO 2008 平坦~二重の峠!!」と思ったら、クリック!


by purple-monkey | 2008-05-20 20:41 | Bicycle | Comments(0)
2008年 05月 19日

チャレンジASO 2008 スタート!

集合場所は 「アゼリア21」
e0079696_23501921.jpg
スタート地点の 「阿蘇神社」 まで移動です。



もうスグ、スタート。
e0079696_23503788.jpg
みんな待ちます。



初めて出場する人は、ワクワク!
e0079696_23505263.jpg
それとも、ドキドキ?



そして、
e0079696_2351897.jpg
スタートしました!



スタート直後の狭い道は注意してね。
e0079696_23512431.jpg
まあ、先は長い。 ジックリ走って行きましょ!

写真は OLYMPUS μ1030SW で撮影。

つづく。 まだ始まったばかり。

↓「チャレンジASO 2008 スタート!!」と思ったら、クリック!


by purple-monkey | 2008-05-19 23:54 | Bicycle | Comments(0)
2006年 05月 19日

調査依頼書

「熊本県サイクリング協会」 から 「調査依頼書」 なるものが届いた。
なんでも、先日5月14日(日)に行なわれた 「チャレンジASO」 にて、
自転車が狭い下り左カーブで曲がり切れずに外側にふくらみ、右側に避けた対向車と衝突・転倒。
衝突・転倒した 「チャレンジASO」 参加者は、そのまま起き上がりサッサと走り去ったそうだ。
この 「調査依頼書」 は、事故について何か知っていることはないか? という緊急調査だそうだ。
e0079696_1564083.jpg
私が同じような狭い区間の直線部分を下っているときにも、右側に避ける対向車がいてビックリした。
ひょっとしたら自転車も車と同じく左側通行だという当り前のことをわかってないのかもしれない。
人数が多くなるとそれだけありとあらゆる色んな人がいて、それに関係する物事も増えてくる。
大会も巨大になってきて参加者も増え、それなりの対応も必要になってきているのだろう。
この区間は時間帯で車を進入禁止にするとか、広い方の道を走らせるとか、できないのだろうか?
「危ないから注意して走って下さい」 と注意を促すだけでは決して解決しないと思う。
このままだと、また事故が起こると思うので是非何らかの対策をしてほしいものだ。

---------------------------------------------------------------------------

■ 写真は同じ「チャレンジASO」でのものですが、事故とは関係ありません。
  コース中の同じような狭い道ということで、この写真を出しました。

↓「事故調査以来!」と思ったら、クリック!


by purple-monkey | 2006-05-19 15:14 | Bicycle | Comments(0)
2006年 01月 11日

お仕事モード

近頃は自転車を組むって言ったら、ホイールはメーカー完組みの完成品をポンッと付けて終了。
e0079696_23125663.jpg
でも、それじゃぁオモシロくないんだよねぇ~~~。

PENTAX *ist Ds + SMC PENTAX 28mm F3.5
1/15sec F3.5 ISO400



昔(…と言ってもチョッと前)、ホイールはショップのオヤジさんが一本一本手組みで組んでくれたもんだ。
e0079696_23133728.jpg
ホイールは硬すぎてもダメだし、乗り心地がイイだけでもダメ。
軽いホイールが合う人もいれば、ディープリムが合う人もいる。
使う人によって合うホイールが違うので当然一本一本組み方も違ってくる。
ホイールを組む時は乗り手の顔を思い浮かべながら組むんだけど、
そんなことは昔は当たり前のことだったと思うんだけどねぇ~~~。
手組みのホイールの良さは、それぞれ一人一人に合ったホイールを組めること。
雑誌なんかで高評価のホイールが使い手にとって最高のホイールとは限らないんだけど、わっかるかなぁ~~~?

PENTAX *ist Ds + SMC PENTAX 24mm F2.8
1/30sec F2.8 ISO800 (由花里大先生が撮影)

↓「手組みのホイール、イイカモ!」と思ったら、クリック!


by purple-monkey | 2006-01-11 23:00 | Bicycle | Comments(2)
2005年 10月 04日

コレじゃないとダメなもの その2。

前回「コレじゃないとダメなもの」というテーマでブレーキレバーとハンドルを紹介したが、
他にもどうしてもコレじゃないと… というモノがまだまだある。
その中の一つがこのSIDIのシューズ。
e0079696_1045617.jpg
私は足のサイズが小さく、普段用の靴は24.5cm
SIDIの場合、#39がピッタリのサイズとなる。
しかし、この#39というサイズが曲者で、問屋さんが輸入している主力商品は#40からだったりする。
なので、#39サイズは少量しか入荷せず、以外と手に入らない。

そこで、安定供給が可能な国産のシマノのシューズを試したがやっぱりダメ。
シマノのシューズで#39は少し大きく、#38では少し小さい。
じゃあ#38.5は?と思うが、シマノでは#38.5というサイズは作ってない。
更にシマノの場合は、アッパー、ソールとも私には硬すぎてどうももともと悪い膝にきてしまう。

SIDIはアッパーがソフトであまり締め付け感が無く長時間履いても苦にならない。
それにSIDIのソールは多少の柔軟性があり私の反った足裏の形状にフィットするのだ。
ソールやアッパーは硬い方がパワーロスが無くダイレクトで良いと言う人もいるだろうが、
私の場合は硬いソール、硬いアッパーはどうにも馴染めない。

何しろ各個人の感じるフィット感というのは人それぞれ違うものなのだ。

by purple-monkey | 2005-10-04 10:29 | Bicycle | Comments(0)
2005年 09月 30日

コレじゃないとダメなもの。

「お気に入り」つながりでもう一つ。

e0079696_1532141.jpg
私はもう30年近くスポーツとして自転車に乗っているが、
長年乗っててどうしてもコレじゃないとダメなのがいくつかある。

その中でも一番はこのブレーキレバー、「シマノ デュラエース BL-7402」。
そしてこのブレーキレバーが付いているハンドル、「3ttt PRIMA 220」。

ブレーキレバーは変速レバーと一体となって久しいけど、私はコレじゃないとどうもダメ。
変速レバーと一体となったデュアルコントロールレバー、もしくはカンパのエルゴパワーコントロールは、
ハンドル周りがワイヤーでゴチャゴチャしてわずらわしく、ハンドリングがイマイチ。
それに何と言ってもブレーキレバーの大きさが私の手の大きさじゃコレじゃないとなじめない。
e0079696_1541455.jpg
ハンドルもイロイロ試したが結局はこのハンドルの外外440mmに戻ってくる。(芯芯で約420mm)

ハンドルを放さないで変速した方が楽だというのが一般的な考えだが、
しっかりとサドルに座る安定したポジションを取ると、ハンドルから手を離しての変速も別に苦にならない。
それに、一つ先を予測しての変速テクニックを磨くってのも、なかなか楽しいものなんだよ。

by purple-monkey | 2005-09-30 15:41 | Bicycle | Comments(0)