<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2005年 10月 26日

全国的、CCD不良

愛用のデジカメが直って帰って来た!

そのデジカメは 「 SONY サイバーショット U20 」
e0079696_1837766.jpg
SMC PENTAX 28mm F3.5 で撮影。
1/8sec F4.5 ISO400

ある日、デジカメ関係のニュースを配信しているwebサイトを見たら、
CCDの不具合が発見され、無償で修理するとある。
なんとなくそのページをクリックしてみると…
ムムッ!私の持っているのと同型のデジカメの写真が目の前に飛び込んできた!
更にSONYのwebページも見て確認。こりゃ間違いない!自分の持ってるヤツだ。

自転車に乗るときに持って行くコンパクトデジカメは、今年の6月に買い換えたんだけど、
それは、写した映像に1ピクセル位の縦線がどうしても出るようになったからだ。
そのとき修理しても良かったんだけど、修理費もバカにならないだろうから、
それならば買い換えよう!ということで、あれこれ悩んだ末に 「 PENTAX Optio s5n 」 を購入。
まあ、コレはコレで気に入っているからイイんだけど、
「実は無償で直ったんだよ」ってなると、なんだかなぁ~って感じ…
まあ、なにはともあれ、無事、無料でCCD交換されて帰ってきた。

でも世の中でもっと問題なのが、コレと同じCCDを使っている他のメーカーのデジカメが多いこと!
ソニー、富士フィルム、キャノン、ニコン、コニカミノルタ、リコー、京セラ、オリンパス、が同じCCD不具合。
これだけのメーカーが同じCCDを使っているのか!!予想はしていたけどビックリ!!!
自分のデジカメもひょっとして同じ不具合かな?と思ったら一度チェックしてみた方がイイよ。


ソニー製CCDの一部に画像が出ないなどの不具合

デジカメWATCH CCD不具合問題関連記事リンク集


↓コレがCCD不良で出た1ピクセルの縦線が写った写真。
e0079696_1936657.jpg
光線の条件によっては、ウルサイくらいに目立ってしまう。
実は、この線をせっせとPhotoshopで修正して写真を紹介していたのだ。

by purple-monkey | 2005-10-26 19:09 | shintaro | Comments(0)
2005年 10月 18日

新しい相棒。

新しいツールナイフ「 LEATHERMAN squirt P4 」を購入した。(写真右)

写真左の赤いヤツは、普段持ち歩いて使っている「 LEATHERMAN juice C2 」
コレ、スゴク使いやすくて抜群なんだけど、使い道によってはチョッと重い。
e0079696_18372228.jpg
新しく買った squirt P4 は、自転車に乗るときにポケットに入れて行くもの。
実はコレを買う前に自転車に乗るとき用に使っていたツールナイフが壊れてしまったのだ。
その壊れたツールナイフは、ホームセンターで売っていた安物だったのだが、
やはり予想通りチョッとしたことで簡単に壊れてしまった。
こういうモノは、イザというときに必要なものなので、簡単に壊れてしまっては困る。
今度のヤツは「本物」で、こんなチッチャイのに価格も少々高かったが頑張って買ってしまった。


( コレが開いた状態 )
e0079696_1838492.jpg
自転車の工具って、専用のモノがあればOKのような感じがするけど、
本当のトラブルって考えられないようなことが起こるものなんで、
この「プライヤー」(ペンチ)が意外と役に立つことが多いんだよね。


( そして、コレが壊れた安物なのだ )
e0079696_1952640.jpg
安物でチャチだけど数々のトラブルで活躍したホームセンターのツールナイフ君、今までアリガトウ!


写真は全て、
SMC PENTAX FA 35mm F2 AL で撮影。
1/10sec F5.6 ISO800

by purple-monkey | 2005-10-18 19:11 | shintaro | Comments(0)
2005年 10月 09日

私のお気に入り

私が所有するレンズの中で何しろお気に入りなのがコレ、「 SMC PENTAX 28mm F3.5 」
e0079696_062144.jpg
スペック的には、明るさも F3.5 と少々暗く、当時としても結構安いレンズ。
まあ大口径でもなく大した事なさそうなレンズなんだけど、写りが最高なんだよ!写りが!!
オートフォーカスでも無く、非球面レンズでも無く、マウントの電気接点も無くて不便だけど、
7群8枚レトロフォーカス、明るさ F3.5 の無理の無い設計のおかげで実はホントに高性能。
Mレンズ前の古い設計なので、ペンタックスとしては少々大きいのが欠点と言えば欠点だが、
その大きさのおかげでピントリングも回しやすく、シッカリした作りは安心感がある。
このレンズ、マニュアル操作と、少々暗いのをガマンすれば最高のレンズなのだ。

私の場合チョッとへそ曲がりで、見た目は大した事無さそうだけど、
実は知る人ぞ知る、中身は高性能って言うモノが何でも大好きなんだよね!

by purple-monkey | 2005-10-09 00:21 | shintaro | Comments(0)
2005年 10月 06日

コレじゃないとダメなもの その3。

■ PENTAX istDs デジタル一眼レフカメラ

私がペンタックスのKマウント使用のカメラ&レンズを使い始めたのは中学の頃からだが、
それ以来他のメーカーには目もくれず、ペンタックス一筋で裏切らず使いつづけてきた。
(というよりも、お金が無かったので他のメーカーに変えられなかっただけだが…)
e0079696_21341265.jpg
なので、私が持っているレンズはどれも古いペンタックスのマニュアルレンズだ。
ペンタックスはデジタルになっても古いレンズをそのまま使えるようにしてくれた。
そのオカゲで私の所有するレンズがデジタルで全て使える! コレはスゴイ!
そう言う訳で、私にとってデジカメはコレ(ペンタックス)じゃないとダメなのだ。

■ 私の写真の趣味を復活させてくれて、ありがとう! ペンタックスさん!!!

PENTAX Optio s5n で撮影。

by purple-monkey | 2005-10-06 22:29 | shintaro | Comments(0)
2005年 10月 04日

コレじゃないとダメなもの その2。

前回「コレじゃないとダメなもの」というテーマでブレーキレバーとハンドルを紹介したが、
他にもどうしてもコレじゃないと… というモノがまだまだある。
その中の一つがこのSIDIのシューズ。
e0079696_1045617.jpg
私は足のサイズが小さく、普段用の靴は24.5cm
SIDIの場合、#39がピッタリのサイズとなる。
しかし、この#39というサイズが曲者で、問屋さんが輸入している主力商品は#40からだったりする。
なので、#39サイズは少量しか入荷せず、以外と手に入らない。

そこで、安定供給が可能な国産のシマノのシューズを試したがやっぱりダメ。
シマノのシューズで#39は少し大きく、#38では少し小さい。
じゃあ#38.5は?と思うが、シマノでは#38.5というサイズは作ってない。
更にシマノの場合は、アッパー、ソールとも私には硬すぎてどうももともと悪い膝にきてしまう。

SIDIはアッパーがソフトであまり締め付け感が無く長時間履いても苦にならない。
それにSIDIのソールは多少の柔軟性があり私の反った足裏の形状にフィットするのだ。
ソールやアッパーは硬い方がパワーロスが無くダイレクトで良いと言う人もいるだろうが、
私の場合は硬いソール、硬いアッパーはどうにも馴染めない。

何しろ各個人の感じるフィット感というのは人それぞれ違うものなのだ。

by purple-monkey | 2005-10-04 10:29 | Bicycle | Comments(0)